2016.01.29 Friday 03:35

開運メカニズム(3)

開運メカニズムを

考察してみましょう。


私たちのショップでは

幾つかのルールを設けています。


その1つに

裸足での ご入室をご遠慮申し上げています。


室内には 畳を敷いていますので

裸足での入室は、

そのお客様の 運気を下げてしまう!という

メカニズムが作動するのを予防するためです。


私たちと お客様の関係は

恒に フェアでなければなりません。


『お客様の運気が上がるカラクリ』を

店内に幾つも 仕掛けて有ります。



『畳』は、元来神聖なものです。



畳の縁の隙間から

その家の神様がみていらっしゃって

靴下やストッキングなど履いている方には、

開運札をくださいます。


対して裸足の方には

その家神様のお札は頂けません。


この開運札は、目に見えませんが

効果は絶大です。

この神札のメカニズムは、

他力が連呼して作動する極めものです。




ご来店時 裸足だった方に

1度だけ お話する 内容です。

特に お子さん向けにお伝えすると

次から、(サンダル履きでも)

ちゃんと靴下を用意していらっしゃいます。

「子供ってちゃんと話すと理解して成長するんだ」と

感心しています。



日本には、八百万の神様がいらっしゃいます。

それぞれのお家にも 神様がいらっしゃいます。

畳の部屋にいらっしゃる 神様は、

畳の縁の隙間から視ていらっしゃって

裸足が通過すると 他所の家の人だったら

開運札を一枚引き抜きます。

靴下を履いていれば「家に対して敬意を払っている」と

褒めてくださり開運札を一枚追加してくださいます。




何処のお宅にでも 当てはまる内容です。

実生活に当てはめて

物語でお話をします。

お友達のお宅に遊びに行ったとき

お部屋にどうぞ。と招かれたとき

お宅に上がるとき、

ポーチやポケットから 靴下を出して

ササッと履きましょう。


すると、そのお宅の家人が

作法の出来ている あなたのことを

ずっと 意識に落として話します。


貴方の名前の前に

「良くできた」を付けてくれるでしょう。

(貴方の名前を K子さんとしましょう)


食卓で、

「今日来た あの良くできたお嬢さんはなんというの?」

後日、「あの良くできた K子ちゃんは 元気かい」


クラス替えになっても、進学後も、社会人になっても

作法を身につけた あなたを

第三者が あなたの知らない所でも

ポジティブな貴方の行動を褒め称えてくれます。

(アファーメーションを続けます)

すると、どんどん運気が上がっていきます。


貴方の行動を 褒め称えてくれる人達が

増えれば (潜在的意識の中で) 応援してくれます。




これも 世界が味方に付いてくれる 開運メカニズムです。



























Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.i-mukkara.net/trackback/35
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.